(株)高野塗装店 ようこそ高野塗装店のホームページへ
遮熱・断熱塗装材−ガイナ−はこちら
会社案内 住まいの点検 塗り替え情報 リンク集 お問い合わせ
住まいの点検

バルコニー・ぬれ縁
■木部
■予想される損傷
腐れ、破損
■点検と補修
オイルステインなどのように木部に染み込む性質のものは褪色をまねき、オイルペイントのように表面に被膜を形成するものは、はがれ、汚れが目立つようになります。常に雨風にさらされいるため、汚損や腐食をうけやすいものですので、頻繁に雑巾がけなどをして、ホコリをためないように心掛けることが大切です。2〜3年ごとに塗替えをし、腐食防止をはかることが必要です。
■アルミ部 ■鉄部
■予想される損傷 ■予想される損傷
  腐食、破損、さび   さび、破損
■点検と補修 ■点検と補修
さびが生じるのは必ずしも鉄部だけではありません。アルミには表面保護の目的で酸化被膜が施されていますが、長く使用しているうちに汚れや傷、あるいは異種金属との接触で白い腐食を生じます。目の細かいサンドペーパーで腐食を落とし、市販の透明ラッカースプレーを吹付けることで応急処置をとることが出来ます。 焼付塗装の場合は5年、通常の塗装の場合は3年をめどに再塗装の検討をする必要があります。さびた部分はサンドペーパーなどでサイディングすると良いでしょう。その後さび止め塗料で下塗りし、完全に乾いてから仕上げ塗装をおこないます。
 

当サイトではFlash®、Adobe®Reader™の技術を使用しています。下記に使用されているプラグインを
お持ちでない場合は、右記よりインストールを行ってご覧下さい。
(株)高野塗装店
山梨県甲府市朝日2丁目8-8
TEL: 055-252-5486 FAX: 055-251-2717
copyright(c)2008 takanotosouten All rights reserved.